病気知識

HOME | 病気知識 | アレルギー以外の疾患 ・皮膚描画症

アレルギー以外の疾患



 皮膚描画症

皮膚描画症(ひふびょうかくしょう)

 

症状

 
皮膚描画症はじんましん体質の人によく見られる皮膚の特徴です。
強くこすったり、重い買い物袋などを手にかけてその重みで皮膚が強く圧迫されたり、下着などで強く圧迫された部位の皮膚がミミズバレの様に赤く盛り上がることをいいます。。皮膚に字を書けば、そのい字がが浮き上がって見えます。従ってこのような名前がついたのです。じんましんの人によく見られますか、じんましんがなくても、皮膚の弱い方にはよく見られる現象です。
 

原因

 

 

検査・診断

 

 

治療

 
この対策としてはじんましんと同じように抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服する方法がありますが、どのくらい飲み続けるかはその方の状態がどのくらい敏感かによると考えられます。従ってお薬によりこれを治療する場合には皮膚科またはアレルギー科とよく相談されるとよいでしょう。
 
日常生活でできることとしては、チョコレートや辛いものや肉類およびリノール酸の食べ過ぎは皮膚の炎症を悪化させるため、控えめにしましょう。基本的には和食を中心として、もしお肉が欲しければお肉を追加するという食生活が良いでしょう。

2014/8/13