病気知識

HOME | 病気知識 | アレルギー以外の疾患 ・急性痒疹

アレルギー以外の疾患



 急性痒疹

急性痒疹(きゅうせいようしん )

 

症状

 
急性痒疹とは、夏場によく見られるかゆみの強いのが特徴の疾患です。
 
これは主に手足に非常にかゆみの強い発疹が出ます。アレルギー体質の人は出やすい傾向があります。じんましんは同様にかゆみの強い発疹ですが、すぐに消えるのが特徴です。この急性痒疹はすぐには消えません。数週間が残るのが一般的です。症状が翌日には消えてしまっている場合にはじんましんが考えられます。
 

原因

 

 

検査・診断

 

 

治療

 
じんましんであれば出た直後に抗ヒスタミン薬の軟膏がよく効きますが、急性痒疹であれば抗ヒスタミン薬の塗り薬はあまりききません。ステロイド薬をそこの発疹の部分だけにぬる治療法が一般的です。
 
この場合、アトピー性皮膚炎のように広範囲にステロイド外用薬をぬるわけではないので、ステロイド軟膏についての副作用はまず心配ありません。

2014/8/13