病気知識

HOME | 病気知識 | アレルギー以外の疾患 ・接触皮膚炎

アレルギー以外の疾患



 接触皮膚炎

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)

 

症状

 
接触性皮膚炎とは、俗に<カブレ>とも呼ばれます。
 
皮膚に何らかの物質が接触し、その刺激が体の中の免疫組織に伝わり、以後2回目の接触の際から厄介な慢性の皮膚炎を起こす皮膚疾患です。
 
接触した場所にできるだけではなく、遠く離れた場所に出る場合もあるため、気を付けていないと見逃すこともあります。
 

原因

 
原因となるアレルゲンは化粧品、皮膚につける医薬品(外用剤)、植物、衣料品、ピアス・ネックレス・イヤリング・時計のバンドなどの金属、ゴム、塗料、樹脂、歯の詰め物など予想もしないことが原因のことがあります。
 

検査・診断

 
検査としてはパッチテストを行い48時間後に判定します。
 

治療

 

2014/8/13