Q&Aシステム

HOME | Q&Aシステム | カテゴリー別 28.その他関連7.その他

 Q&Aシステム



Q26 息子の咳での受診

 
板橋に住む5歳(保育園児)の子供の母親です。
 
息子5歳が1年半ぐらい前から咳き込みがひどく、そのため吐くことも度々でした。
そのため園児からからかわれ保育園が嫌になり始めました。
近くの係り付けの小児科(医者1人)で風邪との事でいくつかの抗生物質を呑みましたが直りませんでした。それで近くの耳鼻咽喉科(医者2人)で見ていただきましたが、きっとアレルギーだろうと「ザジテン」を飲んでいました。
(この時は年齢が低すぎてアレルギー反応が出ないのでと血液検査は無しでした)
 
いつまでも「ザジテン」を飲み続けるのもどうかと又係り付けの小児科でアレルギーのテストをしましたが反応が無かったので「ザジテン」を飲み辞めました。
 
すると又咳がかなりひどくなり吐く事によって先生から「わざと吐くんじゃありません」と注意されたり園児からまたいじめられ始め一時は登園拒否をする程になりました。今度は「ザジテン」を飲んだり「ホクナリンテープ」を貼ったりして効く場合も有りましたが、効かない日は夜6時~夜中の1時まで咳き込み、どうしで眠れない日も度々ありました。
 
そこで10/30にN病院で見てもらった所、「症状から見て喘息です」と言われキプレス5錠を飲み始めました。(N病院での血液検査ではミルクと卵に少し反応があるが控えるほどではないとの事)
 
しかしこれまでの小児科・耳鼻科の3人の医者が「喘息では無い」との事だった為に、急に「喘息」と言われた事に不安を抱いたので、知り合いの大田区の喘息専門の病院を紹介してもらい、先週11/6に診ていただきました。しかし「K病院」は大人専門の病院なのでとの事で永倉先生を紹介していただきました。(紹介状は頂きました)
 
受診のお伺いしたいと思いますが、働いておりますのでできれば11/20以降で土曜日の午後を希望いたします。 空いている時間がございますでしょうか?
急いだほうが良いとの事であれば休暇を取ってでも平日お伺いいたします。
 
その際に現在飲んでいるキプレス5(チュアブル)を飲み続けながら行った方がよろしいでしょうか?
それとも一旦やめて咳が出る状態でお伺いしたほうがよろしいでしょうか?
現在キプレス5を飲んでいて咳はほとんど落ち着いた状態になっています。
 
恐れ入りますがよろしくお願いいたします。
 

A26 小児の慢性(止まりにくい)咳

 
成人では止まりにくい咳の場合、咳喘息、アレルギー性の咳などいくつかの病名があります。しかし小児では、これらの概念はまだ、医学的には確立していません。
 
お子さんの場合、RSウイルスや細菌による気管支炎の可能性が低いとすれば、小児の咳喘息かまたは、喘息の前段階かもしれません。
 
今までご使用になった薬は、よく使われるものです。これらが効かないとすれば、インタール吸入療法がお勧めかもしれません。
 
質問メール
処方箋依頼
 
永倉先生、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。
さて息子のことですが、12月中旬に頂いたインタールのエアゾールタイプで落ち着いています。
この度息子が叔母一家と夫の国であるペルーに一月程行く事になりましたのでインタールが途中で無くなる可能性(紛失も含めて)を考えて処方箋をお願いしたいと思います。
 
1/9 回答メール
保険証をお持ちいただけば、お薬を処方することは可能です。
 
1/11 質問メール
永倉先生からは、住居が遠いので処方箋を郵送することが出来ると伺っておりますが、その手続きでお願いできますか?保険証はFAXする事はできますが・・・・・いかがでしょうか?
 


Q25 アトピーについて

 
先日はありがとうございました。
その後娘共々牛乳の除去を続けておりますが、11/8月曜は赤みが強くなり少しじくじくしてきました。
 
11/9火曜には体の湿疹が盛り上がってきました。背中にも広がってきていています。
11/10水曜にはじくじくが乾いてきました。かいたせいか足や襟元に傷がついています。
現在保湿剤のみで薬は使っておりませんが、かゆみもありそうなので、薬を使用したほうがよいのでしょうか?
 
原因については全くわかりませんが、日曜に私が結婚式に出席したためいつもとは違う食材を摂取しています。
11/10水曜の朝撮った写真を添付させていただきます。よろしくお願い致します。
 
アトピー経過について
 
何度も申し訳ございません。
先日かなり赤くなり、かゆそうだったので一度メールをさせていただきましたが、今日の朝はかなり赤みも落ち着いてきましたのでこのまましばらく様子を見ようと思います。
また変化がありましたら、ご相談をさせていただきます。よろしくお願い致します。
 

A25 食物除去中の皮膚炎の悪化

 
食物除去中に見られる皮膚の悪化は、その原因としては
 
(1)他の原因食品を食べた場合(授乳中であれば母親の食事) 
 
(2)食物以外の原因、例えば、気候や気象の変化、カゼをひいた、皮膚が痒いため夜間に掻いてしまった、普段使用しない寝具を押入れから出して使用した、石鹸や洗剤を代えた、部屋の内装を張り替えた、建物の外壁を塗装中など) をチェックする必要があります。
 
11/29 質問メール
いつもお世話になっております。
11/20の勉強会の後、牛乳除去の解除を進めるようにご指導いただきました。
早速翌朝牛乳を飲んだところ、昼過ぎには赤味が強くなり湿疹が出てきました。
一週間牛乳・乳製品は控え、11/27に再度牛乳を飲んだところ同じ結果でした。
除去の期間も湿疹がきれいに消えたわけではなかったので、牛乳は無関係かと考えたのですがやはり牛乳の可能性は高そうです。
 
現在他にも卵・豚肉・サバを除去しています。
順に肌の状態を見ながら負荷テストをしたほうが良いのでしょうか。
次回の予約は12/18なのですが、それまでに何か出来ることがあれば、ご指導いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。
 


Q24 あせもについて

 
ここ数日暑かったので、おしりの上のほうにあせものようなぷつぷつがたくさん出てしまいました。こまめにぬれたガーゼで拭いてあげてはいるのですが、どうしても汗をかくとオムツで蒸れてしまうようです。どうしてあげたらよいのでしょうか?
 

A24 あせも

 
基本的にはサトウザルベがお勧めです。オムツを替えるたびに、ぬるま湯でやさしく洗います。
石鹸は使わないように。その後、熱くしない温度でドライヤーでおしりを乾かします。
それから、サトウザルベを塗ってください。 
 


Q23 薬のアレルギーについて

 
最近、一ヶ月前くらいに風邪を引きまして、それがいくらか治ったと思ったら鼻水(サラサラとした)が甘い味がするようになりました。(普通の鼻水ならいいのですが、それが甘ったるく気持ち悪い)耳鼻科に行きましたが、「花粉症でしょう」とその手の薬が処方されましたが余計に鼻水が甘い変な味でたくさん出るので飲むのをすぐ止めました。(クラリチン錠、フルナーゼ点鼻液)最近、薬のアレルギーを疑っています。
 
実は以前から心療内科に通っています。そこではうつ病と診断され3年くらい経ちます。今飲んでいる薬は、うつ病にアモキサン 、睡眠薬にマイスリー又はサイレース(寝る前)、イライラ時にレキソタン、頭痛時にロキソニン、便秘にアローゼン(寝る前)を飲んでいます。どうやらアモキサンを一日三回飲んでいるのですがそれが原因ではないかと思い始めました。時々は、飲んでいても症状が軽い時はありますが、鼻水が甘く、油断すると落ちてくるという症状は変わりません。それとその変な甘さのせいか分かりませんが、鼻の奥の粘膜が軽く炎症を起こしているせいなのか、軽い痛みがあります。もしかしたら食物アレルギーもあるかもしれません。普通に食事を取ったときにもたまに症状が酷く(さらに甘く)なります。自分の感じでは甘いものを食べた時に症状が起こる様な気がします。さらに変わった事と言えば、変な微熱がずっと一ヶ月くらい続いているということです。(風邪のときは38度で今は36.8度くらい)8年くらい前に花粉症、アレルギー性鼻炎と診断され(血液検査もしました)それは独自に治したんですが・・・(毎日塩水で鼻を洗浄して)心療内科では、先生もよくわからないらしくダメみたいです。こういう場合はどうしたら良いのでしょうか?普通の内科に行った方が良いのでしょうか?またそこで薬などのアレルギーの検査はしてくれるのでしょうか?耳鼻科では血液採取しましたが、先生の話では薬のアレルギーの検査はしないよと言われました。(結果はまだです)心療内科でしれくれと言われました。しょうがないので心療内科で聞いたらそんな対応でした。八方塞がりで困っています。教えてください!!(心療内科は今回のことがあり変える事にしました)
 

A23 鼻炎

 
(1)あなたの場合、血管運動性鼻炎が1つの原因かもしれません。
これは鼻の粘膜が敏感なために起こる鼻炎の一つの形です。温度、湿度などの影響を鼻の粘膜がいち早くキャッチし、鼻の血管が拡張し、炎症が起きたような状態になるため、鼻水がどっと出たり、他の鼻の症状が出るのです。通常の抗ヒスタミン薬や点鼻薬などが効かない場合も多く、治療にてこずる場合も時に見られます。どうしても困る場合にはレーザー治療もありますが、一般的に効果は一時的で、6ヶ月で症状が元に戻るケースもあるため、私は余りお勧めはしていませんが。基本的には各種ある抗ヒスタミン薬をこれらに使い慣れた鼻アレルギー専門医に選んでもらい、試してみるというのが一つの手といえましょう。
 
(2)食物アレルギーについては、あなたの場合にきちんと診断を下すのはなかなか大変でしょう。成人の食物アレルギーを熟知しているアレルギー専門医と相談すべきでしょう。残念なことにこのような専門医の数は非常に限られています。
 
(3)薬アレルギーの検査もなかなか大変です。この血液検査は特殊なので保険がききません。かなり高価なので、よほど薬が疑わしいか、ショックになるが原因がわからないときなどに、やむを得ず行うのがお勧めです。
 


Q22 子供の皮膚の状態

 
初めてメールをさせていただきます。
ただ今オランダに在住しておりもうすぐ7ヶ月になります。オランダの医療事情は日本人にはあまり向いていないようです。
質問なのですが、もうすぐ4歳になる娘の手の皮膚なのですが、最近突然に指の先から皮が剥けてきました。
かなり広範囲で親指などはほとんど付け根の方にまで達しています。ささくれのような感じではなく激しくふやけて剥けているといった感じです。本人は痛がっておらず、炎症を起こしているようでもありません。
火傷もしてませんしよくわかりませんのでどのように対処してよいかわからず困っています。何かよいアドバイスがあればお願いいたします。
 

A22 皮膚がむける

 
直接拝見していないので何とも言えませんが、4歳児で皮膚がむけるような状態としては以下のものが考えられます。

(1)溶連菌などの感染症を起こすと、皮膚がむけることがよくあります。この場合にはのどが痛いとか、病院に連れて行くと喉が真っ赤にはれていることから診断されることが多いといえます。
 
(2)溶連菌以外の細菌感染でも、治り際に皮膚がむけることがあります。
 
(3)川崎病(MCLS)でも皮膚の皮がむけますが、この場合は抗生剤が効かない熱が5日間以上継続します。
 
(4)冬の初めには気温が下がり皮膚のトラブルも多くなります。その際に皮膚がむける場合もよく見られます。

もし現在も続いているようでしたら、デジカメで皮膚の写真を撮り画像送っていただくとより具体的なお話しが出来ると思います。

とりあえずの処置としては保湿剤を塗って、皮膚のスキンケアーをしっかりされると良いでしょう。
 
1/6 お礼&質問メール
用賀アレルギークリニック御中
早速の御回答本当に有難うございました。(Q660の件)
現在も娘の皮膚は剥けていて足の指まで剥けてきました。体調の方は健康で元気に走り回っていて皮が剥けることに関して痛がったりもしません。スキンケアークリームなどを付けるようにしていますがなかなか綺麗にはならず新たにふやけたようね箇所も出てきます。
見づらいかとは思いますが写真を添付いたしますので見ていただけますでしょうか。
環境の違いから来ているのかとは思うのですが何かアドバイスをいただけたら幸いです。
 
1/10 回答メール
写真拝見しました。保湿剤では不十分なようです。ステロイドの軟膏やクリーム、但し、弱いタイプ(Weak type) のものを薄く塗るとよいかもしれません。薄く少量を数日間塗る分には、副作用はまず心配ありません。 お試しください。 
また経過をお教えください。(画像はよく撮れています) 
 


Q21 油の解除について

 
お世話になっております。
10日土曜日の外来にて、卵と大豆の食物アレルギーがありましたが、現在、大豆製品の解除まで問題なく終了し、今後、油を試していくことをご相談させていただいた、2歳11ヶ月の女児の母です。
 
早速、11日日曜の夕食時に、市販のキャノーラ油(なたね油)を小さじ1杯使用したスズキのソテーを食べさせたところ、食べはじめて10分後くらいに顎と口のまわりに軽い紅斑ができました。(食べはじめて20分後程度の写真を添付しますが、写真ではほとんど確認できない程度のものです)
 
特に痒がる様子はなく、すぐに薄くなり、食後30分後(食事を始めて45分程度)には消えました。そのほかの反応は認められませんでした。また、これまで、シソ油やアレルギー用油で同じものを作って食べた際には、このような反応を示したことはありません。
 
今後の油の解除について、どのように進めたらよいのかご指導いただければ幸いです。(このくらいの発赤は気にしなくてよいのか、一度油の解除は中断したほうがよいのか、もしくはもう一度試して再現性が認められたらやめるべきか、など。)宜しくお願いいたします。
 

A21 塩かぶれ(アクかぶれ)

 
離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは、食べるのが下手です。食べ物が口に入らず、口の回りや顔中に食べものがつくことはよく見られます。このような場合、その食物にアレルギー反応がなくても、顔の皮膚が弱いために、顔がはれ上がることがよく見られます。
 
よくみられる反応は離乳食を食べたときに、口の回りが赤くなる現象です。これを塩かぶれ(アクかぶれ)といいます。口の回りの弱い皮膚が食物の中のアクや塩分などにより炎症を起こすのです。
 
このような場合には食前に口の回りなどにワセリンを塗っておき、食物がついても皮膚がすぐに反応しないように、あらかじめ保護していくこともひとつの方法です。
 
また特定の食物が疑わしいと思った時には、その食物だけを次回食べさせてみるのはどうでしょうか。言い換えれば、なたね油で調理したものを、再度食べさせてはいかがでしょうか(食物負荷テスト)。これで同様の症状が出たら、その時点で、なたね油アレルギーと考えて、油の対策をお考えになるとよいでしょう。
 


Q20 光脱毛【I2PL】について

 
手足の脱毛を考え中なのですが、喘息の為、毎日パルミコート2001日8吸入・セレベント50ロタディスク1日2回を吸入し、2週間に一度くらい【少しだけゼエゼエいうような時】プレドニゾロン錠【5mg】を2錠服用しています。
光脱毛 I②PLは可能なのか教えて下さいm(__)m
 

A20 脱毛の治療

 
光脱毛については、専門外のため、申し訳ないのですが良くわかりかねます。
 
しかし、現在使用中の喘息のお薬は、基本的に他のお薬の併用はまず問題はないと考えられます。
実際に光脱毛の治療に当たる先生と直接相談されるとよいでしょう。
 


Q19 食後約20分位から扁桃腺が腫れだします

 
数年前から年に1度位扁桃腺を腫らしてましたが風邪だと思い、それで過ぎてきました。昨年春に食後15分位で扁桃腺が腫れだし、水洟の症状が発生、鼻をかむと両目の涙腺の上が腫れて嗽をしても治らず、目を開けているのがつらく、横になると気道を塞がれて呼吸困難になる状態でした。朝には治まり、鼻汁の粘重なものが出て治まりました。その後、胃癌の手術を受ける際にも問題なく、胃の全摘手術を受けました。
 
今年の6月、9月に又同じ症状が現れ、近くの耳鼻咽喉科で検査したところ、ハウスダスト、家ダニ、榛の木がアレルゲンである事が解り散歩コースを変更したり注意をしています。今回、昨夜(10/1)発症、扁桃腺のイガイガ感から腫れてきて、鼻を強くかまないよう、口呼吸で鼻水をティッシュで押さえてました。その内、手のひらが痒くなり、体のあちこちが痒くなりました。今回は2~3時間で治まりました。夜も寝られたので寝ました。朝、目の部分に多少の腫れは残っていましたが別段異常は感じてません。今後の対応は「どうしたら良いのでしょうか?異常を感じた時点で焦らなければ良いかなと考えていますが、今回のアレルゲンは思い当たる節がありません。アレルギー専門医に相談した事が無いので、そちらに伺った方が良いのでしょうか。現在61歳無職です。ご返事を頂ければ幸いです。」
 
昨晩から1日経過しましたが、何ら異常はありません。手術後は、三度の食事以外におやつを結構食べますので、昨日と同じものを注意して食べていますが、今の所同じ症状は起きてません。
 

A19 咽頭痛,咳および咽頭不快感

 
今年は夏から秋にかけて気象条件が一定していません。このところ異常気象のために気温の上り下りが大きく、カゼを引かれる方がかなり多いのです。
 
あなたの場合、症状は咽頭痛から始まっています。直接の喉を拝見していないため何とも言えませんが、この秋の季節に花粉症の原因として最も多いキク科の植物、たとえばブタクサ、ヨモギ、セイタカアワダチソウなどではなく、咽頭にビールスか細菌がついたために感染を起こし、そのために一連の症状が出ていると考えられます。
 
耳鼻科へ行き喉を見てもらってから、必要に応じてお薬を処方してもらいに、場合によっては、鼻やのどにネブライザー療法を受けるとよいでしょう。
 
万一それらの処置をしてもらってもまったくよくならなければ、その時点で花粉症(何らかのアレルギー)を考えると良いかもしれません。
 


Q18 アレルギー?

 
2週間ほど前から咳がでるようになりました。
最初は空咳。風邪かな?と市販の風邪薬をのみきっても咳はおさまらず、ほっさのように咳がでるような状態で夜もなかなか寝付けなくなりました。咳止めも服用したのですが効果がなく、病院へいきました。
 
メジコン錠、ムコダイン、クラビット錠をいただき2.3日様子を見ましょうとのことでした。
翌日、足首にじんましんがでました。
再度病院へいくと、犬をかってるならアレルギーだ。それか、抗生剤のアレルギー。
といわれ、じんましんのかゆみ止めの注射とアレルギーの薬(アイピーディカプセル、アスベリン錠剤、ツムラ麦門冬湯エキス顆粒)をもらい一週間後にくるようにいわれました。
 
血液検査などはおこなわず、一度目の来院のときに聴診器をあてただけです。
アレルギー検査などは必要ないのでしょうか?
アレルギーなんでしょうか?
 

A18 咳

 
風邪をひいてから咳が2週間止まらないという点についてはいくつかのことが考えられます。
 
(1)風邪をひき起こすウイルスは約100種類以上知られています。それらの中でいくつかのウイルスは気道に感染した後に、気道の粘膜を障害し、気道の粘膜に炎症を起こすために咳が長引くことがあります。
 
(2)ビールスや細菌とも異なるマイコプラズマという病原体があります。これに感染すると気道の粘膜のダメージ大きいために、咳が長引いて、喘息が出たりすることは少なくありません。
 
(3)通常のせき止めやたんの薬を飲んでもひどい咳、例えば夜もなかなか寝られない、また咳をひどくした拍子ににろっ骨を骨折したりするようなひどい咳が6週間続く場合には、咳喘息というものをも考えます。
この咳喘息はぜんそくの前段階と考えられています。
 
またじんましんが出たということですが、この原因としては、(1)抗生剤が合わなかった。(2)風邪のウイルスや細菌に感染したことが引き金となってじんましんが出た、などの点が考えられます。
 
以上のようにこの段階ではいくつかのことが考えられますので、断定的結論を出すにはまだ早いと思われます。従って咳に対していくつかの薬を使用して、または吸入薬など試みると良いかもしれません。
じんましんに対しては抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン薬の薬をある期間使用するなどの対策をまずきちんとやることが大事でしょう。
 
この時点ではアレルギーの血液検査をするといっても、どの項目を調べたらよいのか、まだこの段階で決めることは難しいと思います。
従って咳が止まらなくて喘息になってしまったり、じんましんが長引いたりしたときなどに、生活環境や食生活や日常生活を取り巻く環境の中から思い当たるものがあれば、それについて血液検査をしてみるとよいでしょう。
 


Q17 お礼&負荷テストをした方がいいですか?

 
息子の薬アレルギーで質問させていただいた者です。
とても詳しい回答を本当に有難うございました。ペニシリン、セフェム系以外で比較的アレルギーの少ない抗生剤があるという事を教えていただいて主人共々胸をなでおろしております。息子が使えそうな抗生剤がこれだけ数があるということは重い感染症や急な事故の時には使える抗生剤があるという事ですよね。それだけでも本当にほっとしました。それでも念の為、教えていただいた目の粘膜を使った負荷テストをして何が使えるのかはっきりと分かっておく為にテストをしておくべきだと思われますか。それとも今のところはそこまでしなくてもいいと思われますか。何回もすいません。よろしくお願いします。
 
追伸、前回のメールアドレスが間違っていたようですいませんでした。そしてこのメールを送信する前に書き込みの途中のまま間違って送信してしまったものが送られていると思います、たびたび申し訳ございませんでした。
 

A17 抗生剤チェック

 
お子さんの場合、気管支炎になったっり、何かと抗生剤による治療が必要な場合があるでしょう。
そのときにあわてないように、前もって安全な抗生剤を事前にチェックしておくことは、重要と思います。
薬アレルギーがあるというと、通常のお医者さんは薬を出すのを嫌がる場合が多いのです。
 
お礼メール
お忙しいのにさっそくのお返事どうもありがとうございます。
先生のおっしゃるとおり使える薬が分かっていれば安心なので前もって安全な抗生剤をチェックしておこうと思います。 本当にどうもありがとうございました。 お礼まで
 


Q16 微熱が止まりません

 
一度かぜをひくと、36度8分~37度2分ほどの微 熱と背中から首にかけてのなんとも嫌な感じ(ボーとするような、ゾクゾク、わやわや…上手に表現できません)、寒気、くしゃみ、水っぽい鼻水とその中に少量の黄色い鼻水等の症状が続きます。病院に行ってかぜの薬を何度ももらうのですが、よくなったり、悪くなったりをくり返し、数週間から数ヶ月続きます。こんな症状は20代からありました。その原因と治療法を教えてください。
 
平熱は36度2分くらいです。小さい頃からアレルギー性鼻炎があり、大人になってからは軽い蓄膿症もあると診察されました。ハウスダストの減感作を20年以上やりました。下甲介切除の手術もやっています。杉花粉の時期には、鼻水、目のかゆみが止まらないので、コレ○○とか言う酸を塗っていただいております。
 

A16 微熱

 
自律神経のバランスが悪い方に時々見られる状態と考えられます。ビールスは感染すると数日後に全身に広がります。そのときに、カゼの独特の症状、例えばぞくぞくする、熱ぽいが体温計で測っても微熱程度、体がだるいなどの症状が出ますが、多くはそのまま治ります。しかし自律神経のバランスが悪い方はビールスがいなくなっても、上述の症状がだらだらと持続する場合が良く見られます。
 
自律神経はその名のとおり、自分でコントロールしにくいのです。しかし、昔の方がやったように、皮膚を気長に鍛えると、徐々に改善することが良く見られます。このHPの家庭でできる治療法の中の、自律神経鍛錬法の項目をお読みください。暖かくなったらお試しになると良いでしょう。
 
しかし、鼻水が透明ならばアレルギー性鼻炎ですが、白濁したり、黄色や緑、青色ならばそれは鼻の中に感染が残っているサインです。抗生剤の助けが必要かもしれません。そのような症状が持続するならば、耳鼻科を受診されて、鼻の中を見てもらうと良いでしょう。
 


Q15 温泉と皮膚の炎症

 
いつも食物アレルギーの件でお世話になっております。
 
質問①
先日、もうすぐ4歳の娘が初めて温泉に入ったのですが、入った日の翌日からじんましんのようなものが出ました。
最初、かゆみはなかったようですが、時間が立つにつれてかゆがりだしました。症状が出たのは手全体と膝下です。
見た目はじんましんそっくりですが3日立っても消えません。娘は軽いアトピーですが、湿疹はそのためでしょうか?
今後温泉に関して気をつけることがあれば教えてください。泉質 : 温泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)
 
質問②
3月で4歳になる娘の卵アレルギーについてです。 最近の血液検査でも卵白のスコアは4でした。この数値は8ヶ月の頃からまったくと言っていいほど変わっていません。インターネットで低アレルゲン卵「加熱脱オボムコイド卵白」を知りました。効果が期待できるならぜひ試してみたいと思っておりますが、先生は低アレルゲン卵についてどうお考えですか?
 
面倒な質問ばかりで申し訳ありませんがよろしくお願いします。
 

A15 温泉とアレルギー・低アレルゲン卵

 
温泉とアレルギー
 
温泉は一般的には鉱泉がまず良いでしょう。硫黄泉は化膿性の皮膚には良いとされますが皮膚刺激が強く、注意が必要です。ラジウム、ラドンは効く場合がありますがリバウンドが強いこと多いので、あまりお勧めできません。
 
皮膚を拝見しただけでは、直接の因果関係はなんともいえませえん。今年は暖冬なので季節の変わり目が早めにきているようです。皮膚炎の原因は多数あるので、特定のものに限定しないで犯人探しをしたほうが良いでしょう。
 
低アレルゲン卵
 
この食品については、経験が無いのでなんともいえません。基本的には、卵摂取(負荷) 試験をしないと食べられるかの最終判定はできません。スコアーが高い場合はオ
ボムコイドを抜いた製品でも症状が出るかもしれません。負荷試験を実施しなれているクリニックでチェックしてもtらってから、家庭での使用を検討されてはいかがですか。
 


Q14 広汎性発達障害と食物アレルギーについて

 
一歳半の検診で言葉がまだ出ていないことと、そのほかの発達の遅れから広汎性発達障害と診断されました。
 
ホームページでいろいろ調べたところ「食物アレルギーによりその影響が大脳に現れる免疫障害」が要因になっている可能性があり、牛乳をはじめとする乳製品のあるタンパク質の一部の成分が分解したときに、有害物質として麻薬のような幻覚誘発剤のように脳に影響を与えている脳アレルギーだという考えがあると書いてありました。
 
そのほかにも小麦グルテン、コーン、卵の黄身、大豆、トマト、ビーフ、オレンジ、バナナ、ココア、リンゴ、等々なども注意、防腐剤として使われているフェノールという物質が悪さをしていることがあり、バナナ、トマト、オレンジ、ココア、牛乳、リンゴなどに含まれていて、これにも注意とありました。
 
1歳のときに食物アレルギーの検査を受けたところ問題のある食物はありませんでした。
子供は乳製品もパンもうどんも大好きですが、特に注意が必要なカゼイン、グルテンを含む食 物を今すぐ排除すべきなのでしょうか?
 

A14 心と食物

 
教えていただいたHPを拝見しました。グルテンを除去したら症状がよくなるかどうかという点については、効いたという症例があるのみで、このことが一般的に正しいかどうかは現時点では、まったく判断するデータはありません。
 
もしも、効いたとしたら、どのようなタイプの精神障害に効くのかは是非知りたい点です。おそらくすべての例に効くのではなく、あるタイプの精神障害に効くのかもしれません。
どうしてもご希望であれば、除去食も行うことは可能ですが、どのくらいの期間行えば良いかなどについては、この本の著者に聞く必要があるのでしょう。
 
後半のビタミンについては、これらはスナック菓子やコンビにライフをしている人には欠乏症と思われる人は見かけます。しかしこれは普通の食事をしている方にはまず、これらのビタミンの欠乏症はまずいません。どうしてもということであれば、マルチビタミンを内服すればこの問題は解決するでしょう。
 
ビタミンは従来の栄養学では過剰摂取したものは排出されるので問題ないと、考えられていましたが、近年過剰摂取による副作用が報告されています。ビタミン剤は適切に使用することが重要です。
 
少なくとも、教科書的には、偏頭痛の原因が食物アレルギーによるものという論文は確かにありますが、きわめてまれです。
 
この分野は興味ある分野であることは間違いありません。効く例もあるということかもしれません。ですから、荒唐無稽とはいえません。但し、実際に実施するならば、もう少しデータが欲しい気がします。具体的にはどのくらいグルテンなどを除去すればよいのかという点など知りたい点です。
 
最後に、グルテン過敏症(今回の精神障害とは別の病気で、し症状は下痢です。精神症状はありません。)は,幸いなことには、日本人にはこの病気は非常に少ないのです。グルテンの消化、体内での代謝などに関する酵素は人種的な差があるのです。
 
グルテンと精神障害について国内のデータがあまりに少ないので、申し訳ありませんが、黒とも白とも申し上げられないのが現状です。
 
7/15 お礼・質問メール
ありがとうございました。
申し訳ありませんが、もう1点質問させてください。
1歳半の息子は離乳食を完了しましたが、いまだにゆるいうんちをしています。
水っぽいというほどではありませんが、一向に固形の便が出ません。
グルテン過敏症が原因という可能性があるのだとしたら、検査をしていただく必要があるのでしょうか?
以前に食物アレルギーの検査をしていただいたときには特に問題のある食べ物はありませんでしたので食物アレルギーとは別の原因なのかもしれませんが。何度もすみません。よろしくお願い致します。
 
7/16 回答メール
食物アレルギーと心の問題
 
食物アレルギーのもっとも確実な最終検査は食物除去試験、そしてその後の食負荷試験です。
今回のあなたのご質問はきわめて興味深いものです。どのような手順で検査するか、外来で直接ご相談しましょう。早めにおい出ください。
 


Q13 車酔い

 
子供の頃から車酔いが激しく今も悩まされます
体調の悪い時は 新幹線でも少し気分が悪くなります。
通院して改善しますか?
 

A13 車酔い

 
車酔いは自律神経のアンバランスにより起こります。通常は思春期前後で治まります。しかし、自律神経が過敏な方はその後も持続する場合があります。
 
治療は基本的に対症療法です。起きないように前もって薬を内服するという方法が一般的です。
 
一般的な自律神経の鍛錬法は、このHPの病気の説明の中の、家庭でできる対策をご覧ください。その中に自律神経鍛錬法があります。これをおやりになっても、直ちに車酔いに効くかどうかはなんともいえませんが、お薬に頼らない方法といえば、これくらいしかないでしょう。
 


Q12 飲み薬について

 
先日は診察していただきありがとうございました。
ポララミンシロップを飲ませたところ眠くなるようです。日中はあまりかかないので、夜1回の服用でも良いのでしょうか?それと、眠い時や夜寝ながら、頭・目のまわり・耳をよくかきます。前行っていた病院では、しょうがない事なので、ほっといて良いと言われていたのですが、何かカユミを和らげる薬や方法はありますか?
 

A12 皮膚のかゆみ

 
(1)かゆみが夜だけであれば、寝る前のシロップだけでOKです。
 
(2)対症療法としてはビーソフテンローションを冷蔵庫で冷やしておいて、突発的に痒いときにそれを塗るとうまくゆく場合もあります。
 
または夜のお薬を変えてみるのも一つの手かも知れません。
 


Q11 爪の異常

 
去年頃から特に左手の中指薬指の湿疹がしつこく出ています。右手も同じ指に出ていますが爪には異常はありません。
 
赤キャップを塗ったりと様子をみていたのですが、完治まではしていません。
最近では湿疹からきているのか原因がわからないのですが、爪の表面がデコボコになってしまいました。
 
石鹸が好きでやめるように声をかけないといつまでも手を洗っています。
これが原因かわかりませんが、家では低刺激のハンドソープにし、必要以上に使えないようにしています。
 
癖のように掻いているようなので、きちんと治したいのですが・・この爪は良くなるのでしょうか?
薬はどういうものを塗ったらいいですか?
診察して頂いた方がいいでしょうか?
 
よろしくお願い致します。
 

A11 爪

 
皮膚が弱い、湿疹体質の方によく見られます。爪も元は、皮膚の一部が変化したものです。そのため、爪の変形が起こる場合があります。特にこれといった治療はありませんが、爪の生え際にはステロイド軟こうが効きます(爪自体にはききません。)。しばらく、塗ってみると良いかもしれません。
 


Q10 食物アレルギー

 
食物アレルギーについてのいい本があれば教えてください。
 

A10 いくつかのタイプのアレルギー反応

 
あなたの場合、いくつかのタイプのアレルギー反応が組み合わさっているので、外来で、其の都度、必要なことを順番にご説明するほうが、あなたが混乱しないですみます。
 
一般的な本を読み、自分の症状を判断するには、もう少しご自分の症状を系統的に理解してからのほうが良いでしょう。そのためには外来の際に、ご自分の症状や、不安について遠慮なく質問をしてください。これを繰り返すことにより、ご自分のアレルギー状態がはっきりと認識できるようになります。そうすると、今あなたが漠然と持っている不安も徐々に薄らぐでしょう。
 
いたずらに本だけを読んでも、それが自分に当てはまるかどうかを判断するには、まだ難しいでしょう。もう少し。あなた自身のアレルギー状態を理解してからでも、少しも遅くはありません。そのためには、いつでもお手伝いいたします。
 
11/17
ありがとうございます。この間は申し訳ありませんでした。 ながくら先生からいろいろなことを教わりたいとおもっています。よろしくお願いします。今は醤油が多分原因でくちのまわりがかゆくなるので大豆ではなく雑穀の醤油でためしたのですがだめだったので次回は穀物の血液検査をしたいと思います。ほかにもまだきになるものがあるので皮膚テストでできないものは血液検査をしていきたいとおもいます。インフルエンザの予防接種後の状態は大丈夫でしたo(^-^)oありがとうございました。またよろしくお願いします。
 


Q9 湿疹

 
生後42日の息子の湿疹についてご相談させて頂きます。
 
2週間程前より、顔に湿疹が出始めました。
初めはにきびの様なもの(白い小さな水泡)が所々にでき、赤くはれていました。
次第に数が増え、重なって腫れている様な状態のところも見られようになりました。
それまでは顔はお湯で拭くだけのケアでしたが、本を参考に石鹸をつけて洗うようにし、しばらく様子をみましたが、治る気配がないので、小児科を受診したところ、脂漏性湿疹といわれ、アンダーム軟膏を処方されました。
 
現在薬を使い初めて6日経ちますが、一向に良くなる様子がありません。
初期の症状よりも、皮膚が乾燥してきており、口の周り、顎はカサカサと皮がむけている状態です。たまに黄色の汁がでて乾燥しています。
頬と目の周りは、相変わらずにきびの様な水泡がところどころにあり、以前よりもゴツゴツと乾燥して皮膚が固くなってきています。
 
おでこや耳にも少し小さな湿疹ができ、範囲が少しずつ広がってきた様に思います。
アトピー性皮膚炎に見られるという、耳切れはまだ見られません。
一方で以前の湿疹はひいているところもあり、できたり治ったりを繰り返している様です。
体にはまだ出ていませんが、小さな斑点が胸に1つだけ見つかりました。
湿疹ができる以前より、手を口や顔に持っていく動作をしていたので、今もよく顔に手を持っていきますが、機嫌の良い時には触らないので痒いのかどうかはわかりません。
湿疹の為に機嫌が悪いということはなさそうです。
 
アトピー性皮膚炎を心配しています。
アトピー性皮膚炎になる可能性があるとすると、今からできる対策はなにかあるでしょうか。
以前先生に診察していただきましたが、私自身がアレルギー体質なので(動物アレルギー)子供にも何かアレルギーが出てしまうのではないかと心配しています。また、薬はアンダームを使い続けて効果があるのか、乾燥している部分には薬以外に保湿をした方が良いのかどうかもご相談したいと思います。
写真を添付いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
 

A9 新生児ニキビ

 
写真から判断すると新生児ニキビのように見えます。
(ごく軽く、こすらないように)押し拭きが良いでしょう。その後、少量のサンホワイトのような、極めて粒子の細かいワセリンを薄く塗るとよいでしょう。サンハワイとは篤志なワセリンです。当クリニックのまえの薬局に入れてもらっています。
アンダームは本のP79にあるように、かぶれを起こすことがあるので、使用は控えたほうが良いでしょう。
 
2/26 お礼メール
早速にお返事をいただきありがとうございます。
アンダームの使用を中止し、サンホワイトを購入して様子をみたいと思います。
どうもありがとうございました。
 


Q8 食欲とアトピー

 
こんにちは、久しぶりに質問です
昨夜すごーく食欲がでて(異常に)たくさんごはんを食べてしまいました。以前診察して頂いたとき アトピーや喘息の人は症状が悪くなる前に食欲がでやすい というお話をチラッと聞いたのですが、もし食欲がでた場合、食べるのを我慢すれば症状が抑えられるのでしょうか?それとも我慢してもしなくても症状は悪くなるのでしょうか?昨夜はたくさん食べたせいか 腫れはしませんでしたが、かゆくてたまりませんでした。お返事よろしくお願いします。
 

A8 アレルギーの前兆

 
アレルギー症状が出る前に前兆とよばれる症状が出る場合があります。よく見られるのは過食です。異常に空腹になり、お腹がはちきれそうになるまで食べると、その夜、喘息発作が出ることはよく知られています。今回もそれでしょう。ただしあなたの場合は皮膚症状だったと考えられます。
 
空腹が皮膚症状の悪化と密接な関係があることが明らかになったら、ゆっくり食べるなり、低カロリーのものを食前に食べるんなど方法で、過食を和らげるとよいでしょう。
 
(要するにダイエットの要領です。あなたはスマートなのでダイエットはまったく不必要ですが!)。
 


Q7 ヒルドイド/プロペトについて

 
早速の回答をありがとうございました。たびたび申し訳ないのですが、先日頂いたお薬について質問させて頂きます。
顔の湿疹は飛躍的によくなりほとんど目立たなくなりました。しかし首(2重あごになっている)のあたりは顔と違い、かさつきとか湿疹はなく赤くなりべとべとしています。朝晩2回洗っているのですがあかのような物がすぐたまり薬を塗ってもよくなりません。この薬は塗らない方が良いでしょうか。
また、よくなった顔の方は塗るのを止めてしまってもいいのでしょうか?
 

A7 あごの下のジクジク

 
顔面はドライスキンによる乾燥性の皮膚炎だったのでしょう。ですから保湿剤が効いたのです。
 
しかしあごの下はいわゆるよだれかぶれ(湿疹やびらん)なので保湿剤は中止してください。べつのお薬(亜鉛化軟膏、サトウザルベ)が第一選択です。お母様または代理の方で結構ですのでお薬を取りに来ていただいてもOKです。
 
顔のほうはすぐにやめないでヒルドイド・プロペトを薄くして一日一回でも継続して塗ってください。塗る回数を減らして徐々に中止してください。
 


Q6 原因不明のアレルギー症状

 
はじめまして。
4年ほど前の冬に風邪をこじらせて以来、原因不明のアレルギー症状に悩まされています。
そのときの風邪は特に咳症状がひどく、レントゲンにも影があり、マイコプラズマ肺炎も疑われたのですが検査結果は「マイコプラズマではなかった」のですが、それ以来、粘性のある唾(サラサラではなく、ちょっとネバネバしている)が常にわいてくるので非常に不快で困っています。
 
総合病院で痰の検査もしたのですが、唾以外は検出されず、医師には「アレルギー症状」というような説明を受けました。
 
今は大学病院の漢方外来で「六君子湯」「小青竜湯」を処方してもらって1年になりますが、今のところ改善傾向が見られません。常に口内に不快感があり、何とかしたいと思っているのですが、何かアドバイスが頂けたら幸いです。
ちなみに当方は花粉症もあり、母親もアレルギー体質です。
貴院にはほど近いところに住んでいますので通院も可能です。
お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いします。
 

A6 唾液腺の問題

 
唾液の、量が増え、口腔内に不快感が有るという症状から考えると、
 
(1)唾液腺に何か問題がある。この場合は口腔外科で唾液腺の機能異常があるがどうかを見てもらうと良いでしょう。
 
(2)アレルギーが原因の場合もありますが、それは口腔内の炎症やイガイガ感が出る場合が多いのです。
 
唾液の量が増えているという状態はまず(1)を感がえてはいかがでしょうか。
 


Q5 花粉症なのでしょうか?

 
お世話になります。33歳です。
5年位前から軽い花粉症の症状が出はじめました。鼻や目の症状は比較的軽いので、特に薬は服用していません。ただ鼻詰まりもなく、目もゴロゴロしていないのに、頭痛だけは花粉症の時期、ずっと続きます。鼻詰まりのない頭痛も花粉症の症状のひとつでしょうか?
だとしたら、市販の頭痛鎮痛薬より花粉症の薬を服用した方がよいのでしょうか?
花粉症との関連が少ないようでしたら、一度病院に行ってみようと思ってはいますが、頭痛の程度も花粉の量に比例しているような気がしています。
 

A5 偏頭痛

 
アレルギー症状は全身のいかなる臓器に出ても不思議はありません。
 
事実、偏頭痛のあるグループは食物アレルギー、に添加物が原因であるという報告もあります。あなたの場合、花粉がどのようなメカニズムで頭痛を起こすかについては今のところ明快な説明はありません。
 
しかしながら頭痛の発症とスギ花粉の飛散の間に密接な関係があり、それが毎年繰り返されるということならば、スギ花粉による頭痛の可能性は極めて濃いと思われます。
治療としては一般の鎮痛薬が効かない場合にはまた頭痛発作の際に目がチカチカするとか吐き気が起こるなどの症状、または横になっても楽にならないなど一連のことが同時に起こるようならば新しいタイプの偏頭痛の薬を試す価値があるかもしれません。
 
このような考え方をするのはアレルギー専門医独特の考え方です。一般内科の先生はこのようなお話しを患者さんから聞くと、それは気のせいだよとか、たまたまの一致ですよなどという返事を、することがあるかもしれません。しかし私たちアレルギー専門医は常に体の外から入ってくる刺激物質に対して過剰に反応するアレルギー体質の方々を日々拝見しておりますので、今までに自分が見たことがないとか、本に書いてないというようなことは、それを否定する理由にはならないと思っております。
 
あなたの頭痛の症状とスギ花粉の飛散に密接な関係があるのでしたら、例えばそれを毎日ノートに記載して頭痛の症状と花粉情報の結果と相関があるかどうか調べてみるなどのことをすると良いと思われます。花粉の飛散量についてはこちらに詳細なデータがありますので頭痛の記録だけをしっかりおつけになっていただければ相関をチェックすることができます。
 


Q4 自律神経鍛錬法

 
自律神経鍛錬法は、教えてもらいたいです。 台風対策になりますから。
 

A4 自律神経

 
自律神経鍛錬法にはいくつかの方法がありますが,ここでは代表的な2つの方法をお示しします。
 
(1)心理療法士(サイコセラピスト)の指導のもとに,いくつかのプログラムを組み合わせて腹式呼吸をしながら,手足が暖かくなるなどの自己暗示をかけることにより,普通ではなかなかコントロールできない温度感覚などを,少しずつトレーニングします。これが出来るようになると、不安感が増し、喘息発作が起きそうになった際に、自己暗示を腹式呼吸とともに行い、喘息発作を軽減するようにします。
 
(2)わが国で古来より行われていた皮膚を鍛錬することにより自律神経のアンバランスを調整する方法です。具体的には1年中を通しての薄着、冷水浴、乾布摩擦、冷水摩擦などです。これらの方法は1年以上続けると、風邪をひきにくくなる効果も得られます。
皮膚の表面にある温度感覚に関係する知覚を介して、自律神経を鍛錬するということが知られています。
 
私の祖母は,昔,冬にお風呂から出る際に十分に体を温めた後に、足に冷たい冷水を何倍もかけて,こうすると夜布団の中で足が冷えないのよ、と教えてくれたことを思い出します。これも手足に熱い刺激と冷たい刺激を交互に与えることにより、温度感覚を刺激し、は皮膚の血品を減少させないようにして、手足が冷えないようにしたものと考えられます。
 


Q3 主人のことですが...

 
私の主人は温泉関係の仕事をしています。
その関係で毎日大量の塩素を吸っているようです。それが関係しているかわからないのですが、病気とはほとんど無縁の彼が1ヶ月くらいまえから頻繁に咳をしています。
 
病院に行っても、「アレルギー性のものでしょう。」と言われます。
こんな事を言われるのは初めてだと彼は不思議がっています。咳の方は少しは下火にはなるのですがすっきりとはいきません。また、知り合いの人に「眼球がでているのでは....」と言われたことも気になります。
 
彼は塩素が関係するアレルギーになってしまったのでしょうか?
そして、これらの病状は治るのでしょうか?教えていただきたいと思います。
 

A3 気道刺激物質

 
塩素ガスは気管や粘膜の刺激が強い物質です。
 
これを多量に吸い込むと、気管や粘膜の弱い人は特に咳、目や鼻の粘膜の炎症症状が強く出る場合があります。
 
これは塩素ガスによる化学的刺激のための粘膜や気管の炎症です。この反応はアレルギー反応とは言いません。アレルギー反応とは外から体内に入った物質が免疫反応によって症状が出るのです。
 
眼球が出ているということですか、考えられるようとしてはまず甲状腺機能亢進症が考えられます。しかしこの病気はアレルギーとは無関係です。
 
さて咳の方ですが、通常のせき止めで効かなければ、気管の敏感さを低下させたり、炎症を抑える吸入薬を使用すると良いかもしれません。呼吸器内科またはアレルギー科を受診されると良いでしょう。
 
もし治りにくかったり、東京まで出てくるお時間があれば拝見したいと思います。静岡の方は何人か拝見しております。
 


Q2 全身に発疹が・・・・

 
7月16日までハワイに旅行に行っており、帰ってきて2日ほどたった頃から首から胸にかけて、小さな湿疹がでてきました。
最初は今年の異常気象によるあせもだと思い込み、ベビーパウダーをつけていました。
 
しかし、日が経つにつれ、だんだん湿疹が全身に広がり、もしかして風疹!?と思い、いつも御世話になっている内科医院へ行きました。
念のため血液検査をし、風疹か調べて頂きましたが中学の頃に予防接種を受けていた為、免疫抗体ができているとの事でした。
その場はとりあえず、アレルギーによる湿疹と診断され、4日間内服薬を服用しましたが、だんだん小さな湿疹が小豆くらいの大きな赤い発疹に変わってきました。
熱は7度前後で特に体調も悪くないのですが、徐々に手足にもひろがり顔にも発疹してきました。
再度、別の皮膚科医院へ行った所、やはりアレルギーによる皮膚炎ではないか?との事でした。
その先生の話だと、海外で寝具や食べ物から伝染したのでは?と言われました。
 
しかし、一緒に旅行に行った友達は何も異常はないようです。
湿疹が出始めて一週間以上経ちます。
病院でもらったセレスタミン等のアレルギーの薬を一日3回服用していますが現在の所あまり変化はありません。
 
今後、治っていくのか不安でかなり落ち込んでます。
このまま病院でもらった薬を服用し続ける事で完治するのでしょうか??
また、本当にアレルギーが原因なのでしょうか?ちなみに頭皮にも湿疹ができているようで、とても全身かゆいです。
内服薬にかゆみ止めも入っている様ですがあまり効きません。
 

A2 皮膚疾患

 
汗の刺激によって出る汗疱が考えられます。
汗によって出るあせもは有名ですが、この汗疱はアセモのような単純な出方をするのではなく、そのメカニズムの中に体の免疫反応が密接に絡んでいるといわれています。
 
治療法はステロイド軟膏をこの発疹のところだけに塗る局所療法、全身に広がった場合にはステロイドの内服を短期間行います。
なかなかやっかいな病気で、出てきた発疹をつぶすと治りが悪くなります。この病気は直接アレルギーとは関係ありません。
 
皮膚の病気は直接拝見しないとわからない点があるのでこれ以上は申し上げられません。いまお話ししたようなことを頭において大きな病院の皮膚科を受診されてはいかがでしょうか。
 


Q1 薬疹について

 
私の妻のことなんですが、先週土曜日、風邪のため、診察を受けました。
風邪薬を2種類もらい服用していたのですが、夜になりまぶたに発疹が出来始め朝になると体中に発疹が出来ており、他の病院(日曜の当番医)で診察結果、”薬疹”との事で、他の薬をもらいました。しかし夜になっても発疹がひかずまた他の病院で診察を受けました(夜遅く、救急病院へ)。そこで点滴(ステロイド)と他の薬をもらいました。月曜になり、最初の病院で診察を受け、点滴をうけました。
 
今日で6日経ちますが、日中はそうひどくないのですが、夜になると体中に発疹が出来ます。
食べ物などの蕁麻疹は、すぐ治りますが(私の場合)、薬疹というのはこんなに時間がかかる物なのでしょうか?
 
発疹の出方は、赤く腫れ上がるのではなく、じわっと広がる感じです。また、腫れた周辺が赤く、腫れの中心は、通常の皮膚の色をしています。
長文で申し訳ありませんが、薬疹は、長期にわたってかゆみ、腫れがある物なのか?違う原因が考えられるのか?教えて下さい。
ちなみに妻に聞くと、今まで蕁麻疹になった覚えはないと言っています。
よろしくお願いします。
 

A1 薬疹

 
薬による薬疹には幾つかの形があります。それらはジンマシン、多形性滲出性紅斑、湿疹、粘膜の潰瘍など様々です。ジンマシンの特徴は非常にかゆいのはが特徴です。多形性滲出性紅斑は、いわゆる地図状の形をしています。かゆみはありません。そして1度出るとなかなか色が薄くなりません。湿疹は表面が凸凹し、ジクジクしているのが特徴です。かゆみはあったりなかったりです。
 
薬を飲むのは体の具合が悪いからです。そのようなときにはいつもとは体調は異なります。お話しからすると風邪をひいているということで、体の調子、特に免疫の働きは元気な時とは異なるのが普通です。そのためになかなか治療薬がが効かないのだと思います。
 
お薬を使っても治りにくいということは、薬による薬疹の場合よく見られます。全身状態が悪くなければ慌てずに、明日また病院へいかれてはいかがでしょうか。ある年齢になってから、初めて薬疹の出る場合はよくあります。今までに喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性花粉症などは無かったのでしょうか。
 
参考までに申し上げますか、元気になってから今回とまた同じ薬を飲んでも、同様の症状は出ないことが多いのです。この点が薬アレルギーの診断が難しい理由のひとつでもあります。