Q&Aシステム

HOME | Q&Aシステム | カテゴリー別 26.予防接種関連1.インフルエンザ

 Q&Aシステム



Q8 
アレルギー検査について 

 
成人後、卵アレルギーがあるのでインフルエンザの予防接種を受けない方がいいと言われたことがあります。
数年前、血液でのアレルギー検査を受けたら、卵アレルギーは無いと言われたのですが、この結果を信じて、インフルエンザの予防接種を受けて大丈夫なものでしょうか。
受けていいのかどうか分からず、インフルエンザ予防接種の時期がくると悩みます。
宜しくお願い申し上げます。
 

A8 卵アレルギーとインフルエンザワクチン

 
 当クリニックでは、卵アレルギーの場合は、直前にワクチン液で皮膚テストを行い、反応がなければ、その場で、ワクチン接種いたします。
 MRワクチンも同様です。

 ご希望ならば、クリニックまでお電話ください。 その際,院長 永倉に相談してありますと受付でお話しください。

 今年は、ワクチンが製造メーカーの失敗で品薄ですので、お早めにご連絡ください
 


Q7 インフルエンザの予防接種で蕁麻疹って出ますか?

 
甥っ子が数日前に、インフルエンザの予防接種を受けました。
その晩に、西京漬けの魚を食べたら、蕁麻疹が出てしまったそうです。
今までも食べたことがある物なので、予防接種の副作用かと思い、かかりつけの注射をうけた医師に聞いた所、卵アレルギーの子は蕁麻疹が出るが、そうでない子はでないとのこと。
 
この蕁麻疹は、注射の副作用ではないのでしょうか?それとも、西京漬けの魚のアレルギーなのでしょうか?この西京漬けは近所のよく大安売りをするスーパーで買ったものだそうです。安い魚は品質保存剤などの薬付けになっていると聞いたことがあります。そういった事が原因なのでしょうか?
先程も膝の裏側と体の一部にでていました。
今まで一回も蕁麻疹が出たことがないので、母親も心配しています。
お返事よろしくお願いします。
 

A7 ワクチン

 
インフルエンザワクチンの副反応は一般的に軽微です。
 
国立感染症研究所感染情報センターの統計によれば、接種部位の発赤、腫脹、疼痛がありますが2-3日で消失します。発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などもまれには認められます。
 
インフルエンザの製造過程の一部で孵化鶏卵を用いるためごく微量の卵の成分が混入します。これが卵アレルギーの人に何らかのアレルギー反応を起こすのです。
 
インフルエンザワクチン接種で問題の起きる卵アレルギーの人はそれ以前にすでに卵や卵製品を食べるとなんらかの症状を起こしている場合がほとんどです。このワクチンで初めて卵アレルギーが発症することはかなり少ないといえます。
 
お子さんの場合、蕁麻疹の原因は西京漬けの魚ではないでしょうか。次の可能性がワクチンです。次回、インフルエンザワクチンを接種する時は前もってインフルエンザワクチンで皮膚検査で行っておくとよいでしょう。
 
当クリニックではそのような方の場合、上述のような検査を行ってからワクチン接種を、注意しながら行っております。ご心配なら直接お話を伺いたいと思います。
 


Q6 卵アレルギー保持者のインフルエンザ予防接種について

 
10年ほど前から卵のアレルギーになり、5年ほど前からは卵が触れていた物を食べただけでも大変具合が悪くなるほどの過敏な症状が出ます。
 
1年ほど前からは、(卵の症状とは異なる)魚と絹のアレルギーも出始めました。
卵アレルギーの症状は、ひどい吐き気と下痢、息苦しさ、大量の冷や汗、胸の痛み、耳鳴り、ひどい時は意識がなくなります。
 
魚アレルギーの症状は、息苦しさ、吐き気、口の周りのしっしん
絹アレルギーの症状は、体中に大きく蚊に刺されたような蕁麻疹
 
この度の質問は、家族が入院しているのですが、インフルエンザの予防接種をしていないので病室に入れなくなりました。
どうしても看病がしたいので予防接種を受けたいのですが、以前、看護師さんから卵アレルギーの人は受けない方が言いと言われました。
何かいい方法はありますか。教えてください。よろしくお願いいたします。
 

A6 インフルエンザワクチンと卵アレルギー

 
現在のワクチンは鶏卵そのものを使用せず、鶏の培養細胞を使用して作成します。従って、ご心配するようなリスクはかなり減っています。
当クリニックでは、卵アレルギーを心配する患者さんにはワクチンによる皮膚テストを事前に行い、反応がなければ接種しています。このような方は今シーズン数10人に上ります。
ご希望であれば、早めにおいでください。皮膚テストを行い、問題なければ接種いたします。
 
PS:予約はITでできます。HPの第1ページをご覧下さい。
 


Q5 インフルエンザ予防注射

 
現在台湾に住んでいます。
 
先日1歳6ヶ月の息子がインフルエンザの予防接種を受けました。翌日39度の熱がでて、湿疹が背中とお腹を中心にできました。接種した部位も赤くなり腫れました。
病院を受診したところ、予防接種によるアレルギーなので、来年から受けないように言われました。
 
湿疹は予防接種前から肩のあたりに少しあったのですが、あせもだと思っていました。湿疹が以前から少しあったことは、医師に伝えてあります。
 
質問ですが、なぜ次回からインフルエンザの予防接種をしてはいけないのでしょうか?今後、予防接種をしてでる副反応が今回よりひどい状態になったりするのでしょうか?また今後他の予防接種をする際にはどういうことに気をつけたら良いのでしょうか?
次回は日本脳炎の予防接種をしなければいけないのですが、どれくらいの間隔をあけたら良いのでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
 

A5 予防注射の副作用

 
ワクチンにより何らかのアレルギー反応が起きると、同じ注射を次回行うと、より強い反応だ出る可能性かあります。そのため、主治医にそういわれたのでしょう。
 
医師側としては、もし2回目の注射をして、ショックなどの重症な反応が出ると、責任問題とあるので、慎重なスタンスを取るのはごく普通の姿勢です。
 
当クリニックでは、どうしてもワクチンを注射する必要があれば、注射前にワクチンの液で皮膚検査をして、さらにリスクありと判断したら、注射の15分前に、予防薬(ステロイド薬、抗ヒスタミン薬など)を内服してから注射するという方法も行う場合があります。
 
インフルエンザワクチンで副作用が出たら、他の種類のワクチンでも、同じような反応が出るわけではありません。
 
現在の症状が治まれば、2週間後には他のワクチンはできるでしょう。
 
12/26 お礼メール
早速回答いただきありがとうございます。
 
先生のわかりやすい回答でかなり心が軽くなりました。
こちらの医師に不信感があるわけではないのですが、言葉が充分に通じないこともあり、 いまひとつ心配だったのです。
実はこちら台湾では、インフルエンザはあまり流行らないということなのですが、予防接種はもちろん予防もありますが、SARSが流行ったときの鑑別方法のひとつとして 勧められています。
去年も日本で接種していたので、全然心配せずに接種しました。前回大丈夫でも安心していてはいけないんですね。
 
海外にいても、専門の先生のご意見を聞けることに感謝しています。どうもありがとうございました。
 


Q4 インフルエンザの予防接種

 
先生 お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか?離れていても いつもお世話になります。
 
子供達のインフルエンザの予防接種のことなのですが、ロンドンのGPにいったところ、イギリスでは65歳以上の老人しか、しないとのことで、子供達には 一般的に接種しないと言われました。でも、毎年東京では していたし、どうしたものかと考えております。多分日系の病院では 接種できるのだと思いますが・・・。以前ロンドンで暮らされた先生に まず伺ってみたくメールいたしました。こちらのほうが インフルエンザがあまり流行しないので、必要性が低いと言う事なのでしょうか?するべきかどうか 迷っています。
 
どうぞ、アドヴァイスよろしくお願いいたします。
 
今年のロンドンは 夏も、秋もとても良い日が多いように思います。
 
どうぞ、お身体に気をつけて お元気で・・・次にお会いするのを楽しみにしています。
 

A4 外国の医療事情

 
これは医療情勢が異なるためです。私も2年間ロンドンに留学していたので、よくわかります。
GPは国にと契約し、その期間中、契約地区のいかなるヒト、例えば税金を払っていない留学生も無料で見てくれます。(不法入国者はべつですよ!)しかも全科を見ます。しかし、ほとんどの場合、アスピリンくらいしか出してくれません。その理由は明確です。
 
Drは一定の年額で国と契約します。自分の給料、人件費、建物の賃料、ガス、水道、電気など諸経費も含め。一切をその金額でまかなわなくてはいけません。
万一、高価な抗生剤など処方すればあっという間に赤字になってしまい、倒産です。その場合国は契約ですので1銭追加を払ってはくれません!
ですからお金のかかることは一切しないのです!!  できないのです。
 
したがって、余裕のある人たちは、保険会社と契約し、その保険会社が契約した病院で医療を受けます。形としては、生命保険と同じようになります。
 
医学的にはワクチンはしたほうがよいのですが、予算のないない英国のGPではインフルエンザワクチンなどは、経営的に考えるととんでもないことになってしまいます。国からぎりぎりのお金しかもらっていないGPが、やるわけがないのです。GPが悪いのではないのです。英国の医療体系がそうなっているのです。
 
USAなどはもっとひどく、低所得層、貧困層は悲惨です。お金の切れ目が命の切れ目といえるでしょう。クリントンの時代、USAでも国民皆保険の法案が提出されましたが、否決されました。
 
10/31 お礼メール
先生、お忙しい中 どうも有り難う御座いました。
 
あらためて イギリス生活の恐ろしさを 思い出しました・・・・・。ますます先生にお会いできるのが 待ち遠しいです。
 
また、お世話をおかけしますが どうぞよろしく御願いします。
 


Q3 卵アレルギーのインフルエンザ予防接種

 
2歳9ヶ月の娘は卵アレルギーでクラス3です。2歳1ヶ月時の検査で卵白の測定値が5.50でした。インフルエンザの予防接種は卵アレルギーの場合受け付けてもらえません。この程度のアレルギーでも危険なのでしょうか?実は昨年2回摂取してしまっています。病院側から聞かれなかったのか、経緯は覚えていないのですが。特に何も起きずにすみました。今年も出来るのなら摂取したいと思っていたのですが迷っています。アドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
 

A3 卵アレルギーとインフルエンザワクチン

 
現在使用されているインフルエンザワクチンは、培養細胞を使って製造しているいるため、卵アレルギーを持つ方に注射しても、問題はあまり起きません。
 
ただし卵や卵製品を食べて呼吸困難になったり、ショック状態になったりする激しい卵アレルギーの場合には注意が必要です。
 
私のクリニックでは、卵アレルギーのために卵を制限をしていたお子さんが、半年から1年後に、また少量食べられるようになった場合、インフルエンザワクチンの液で皮膚テストを行います。それで反応が陰性であれば通常通りワクチンを接種します。
 
お子さんの場合、過去に何回か誤って卵を摂取しても何の症状も出ていないことから考えると、卵アレルギーがやや軽くなっているていると考えられます。従ってもしインフルエンザワクチンの液で皮膚検査を行った後に、ワクチンの接種は可能と思われます。
 
しかしながら現状では卵アレルギーと言っただけでインフルエンザワクチンは打てないというふうに断られてしまう場合が多いのが実情です。
 
その場合にはアレルギー科の看板を出しているクリニックに電話してその旨を確かめてから来院すればよいでしょう。
 
ちなみに食物アレルギーのことについては私のホームページの中のIllness の中で食物アレルギーの部分をお読みいただけると、食物アレルギーの知識が頭に入ると思われます。
 


Q2 インフルエンザの予防接種受けたいのですが…

 
先生、御元気ですか?私のパソコンが壊れて今修理中ですので、携帯から送りました。 私は、風邪を引いて少々ダウン気味です。これから、風邪のシーズンですので、インフルエンザの予防接種受けたいのですが、いいですか?それと、食事を気を付けていますが、やはり、外食をしたときには、おなかが痛くなったり、舌がじりじりして唇がかゆくなったりしています。
 

A2 インフルエンザワクチン

 
卵を食べて、問題が無ければ、インフルエンザのワクチンはまず問題が無いでしょう。心配な場合には、前もって抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服しておくと良いでしょう。
 
お礼&再質問メール
今卵そのものを食べていませんが、もし、卵解禁となれば、どんなものから食べたらいいですか? 石垣では、台風19号の影響で天気が悪く、体調が悪かったです。風邪でも無いのに、咳をしたり、声が突然かれたりして、なんか変でした。
もちろん、熱はありません。これも、アレルギーからきているのでしょうか?
 
回答メール ジャンル 卵負荷試験
卵アレルギーのために、ある期間卵を除去し、その後再開する場合にはいくつかの方法があります。
 
(1)名古屋大方式の<お焼き>です。仮にお茶碗1杯のご飯に生卵を加え、塩や醤油などの調味料を加え、厚さ1センチのハンバーグ状のものを作ります。これをオーブンに入れて、表面がキツネ色になるまで待ちます。そうすると中心部も180度に加熱されます。つまり卵たんぱくも加熱により十分に変性するというわけです。
 
このお焼きを、まるまる1つ食べればその中に含まれていた卵は全卵ひとつ、約60グラムです。その2分の1を食べれば全卵二分の1、その4分の1を食べれば全卵4分の1です
通常、卵ひとつは約60グラムですので、8分の1食べれば。約7. 5グラムの卵を摂取したことになります。あなたの場合症状がきつく出る可能性があるので、全卵にして1グラムをまず食べてみるとよいでしょう。1日1回摂取とし、何の症状も起こらなければ、3日後に同じ量をもう1度食べます。これを負荷テストといいます。
 
今までのあなたの経過をお聞ききしていると、どのような症状が出るかを予測はできません。いずれにせよ、全卵を調理したものを食べて、何か症状が出たならば、非常用のステロイド薬を常備しておきそれを1日1ー2回、内服する必要があります。
 
もしそちらで実行するならば詳しく方法ご相談したいと思います。
 
(2)お天気とぜんそくはすべての人ではありませんが、気管支ぜんそくのある人々には密接な関係を持って症状として現れることがあります。1番多いのは前線や台風が接近してくる際に各種の変調を訴えます。あなたもそれに当てはまるかもしれません。
 


Q1 インフルエンザの予防接種について

 
いつもアトピーでお世話になっています。先月息子は2歳になりました。
今、保育園に通っており、インフルエンザの予防接種を受けたいと考えているのですが、やはり卵にアレルギーがあると無理なのでしょうか?卵の入っている加工品は食べたりしております(症状はでません)。もし、受けられるのであれば、そちらに受けに行った方が良いのでしょうか?それとも近所の小児科で大丈夫なのでしょうか?
 

A1 卵アレルギーとインフルエンザワクチン

 
インフルエンザワクチンにはごく微量しか卵の成分は入っていません。卵または卵製品を食べてショック状態になるようなひどいアレルギーの状態、これをアナフィラキシーといいますか、でなければまず問題が起きる可能性はごく低いといえます。
 
しかしながらインフルエンザワクチンの接種に不安がある場合には、注射の前にワクチンの液を用いて、皮膚検査をします。その日が検査で反応が陰性であればまずワクチン接種は問題ないと判断はして行います。
 
ワクチン接種に何らかの不安がある場合には、さらにワクチン接種の15分前に、抗ヒスタミン薬などの予防薬を飲んでから行います。
 
さらに特殊な場合には、少量ずつ数回に分けて注射します。ただしこの方法は2度も3度も針を刺されるのでお子さんにとっては、つらい方法であるといえます。
 
近くの小児科でご相談ください。問題があればこちらでいたします。ご連絡ください。