Q&Aシステム

HOME | Q&Aシステム | カテゴリー別 16.アレルギー以外疾患19.日光過敏症

 Q&Aシステム


アレルギー以外の疾患



19.日光過敏症


Q1 日光湿疹

 
20代から日光湿疹に悩まされてきました。
 
結婚と同時にインドのヨーガを学び現在はインストラクターをしています。体質改善のために始めました。確かに少しずつ改善され、ここ10年くらいは年に数回発疹が出来るとK病院に行って薬を服用すれば1週間くらいで治まる状態でした。ところが今年の春から花粉症デビュー。同時に手に小さな粟粒状の湿疹が出来、以前から服用していた薬も一向に効き目がないどころかひどくなりました。猛烈な痒みに苦しんでいます。3ヶ月くらい前から、良い病院を紹介する…と友人から言われ通っている皮膚科でビオチンとハイチオールを服用し快方に向かうことを期待していましたが変化がありません。夏の強い日差しより春先や秋口の日差しの方がダメージが多いようです。なお、湿疹の出方は前と同じです。よろしくお願い申し上げます。
 

A1 日光過敏症と急性湿疹

 
日光過敏症は、紫外線の皮膚刺激により皮膚炎が起きるものです。
 
この病気が疑われたら、波長の異なる紫外線を皮膚に照射し、どの波長に対してからだが過敏反応を示すかを調べます。この検査をきちんと受けないと、日光過敏症であるかどうかの最終診断はアヤフヤなものとなってしまいます。
 
急性湿疹を日光過敏症と勘違いする場合もあります。その場合には発疹の出る部位やその形などについて専門医とご相談されるのがよろしいと思います。急性湿疹であれば、その程度に応じた外用薬をつけるとうまく使用すると皮膚炎をコントロールしやすくなります。