Q&Aシステム

HOME | Q&Aシステム | カテゴリー別 15.その他アレルギー5.塩アレルギー

カテゴリー別Q&A


 その他のアレルギー



 塩アレルギー


Q2 頭部と顔の湿疹

 
はじめまして。
 
私は、22歳頃から長年、原因不明の湿疹に苦しんできました。
皮膚科などに通うものの、脂漏性皮膚炎などと診断され、ニゾラールなどの治療をはじめるものの効果はありませんでした。また、各種のアレルギーを疑い、血液検査、パッチテストを受けましたが、すこし反応があるもののそれほど強い反応ではないとのことでした。
しかし、ここ最近、食事において、「減塩」することで症状が軽減することがわかりました。
 
インターネットなどでも検索してみたのですが、あまり似たような情報がありません。
これは、どういうことなのか、わかりますでしょうか? よろしくお願いします。
 

A2 塩とアレルギー

 
調べてみましたが塩がアレルギーに関与しているという記述は見つかりませんでした。私自身もそのようなケースの経験がありません。
 
申し訳ないのですが、なんともいえません。もしそうであることが証明できれば、世界で最初のケースかもしれません。
 
ご希望であれば、塩を各種、食卓塩、岩塩、海の塩など入手できる限りの塩を持参いただければ、塩で皮膚検査をいたします。その際にはご連絡ください。
 


Q1 じんましん

 
私は海水浴をすると、じんましんが出てきます。
何故かげりもしてしまいます。
海アレルギーというのはあるんですか?
これはもう治らないのでしょうか?
 

A1 塩アレルギー

 
海水は塩(塩化ナトリウム)はナトリウムと塩素でできています。塩自体の分子量は小さく、アレルギーを起こすことはありません。海水は塩に多種の微量元素が含まれています、例えばマグネシウム、マンガン、他など。しかしこれらの微量元素もアレルギーを起こすことはまずありません。
 
もし、塩アレルギーだとすると、食品のなかの、塩分でもアレルギー反応を起こすはずです。そうであれば、塩気のものは何を食べても症状が出るでしょう。
 
おそらく、あなたの場合、海に入ると皮膚表面の温度が下がり、寒冷ジンマシンが出るのでしょう。ジンマシンのあるものは、皮膚だけでなく、消化器、胃や腸煮の出る場合があります。腸に出れば、症状として下痢をすることは時に見られる現象です。
 
このような症状の回数が多くて困る場合は、抗ヒスタミン薬などを内服すると有効な場合もあります。