Q&Aシステム

HOME | Q&Aシステム | カテゴリー別 14.アレルギー性疾患4-アレルギー性皮膚炎

 Q&Aシステム


アレルギー性皮膚炎



Q1 治りかけの皮膚に対するケアについて。

 
生後6ヵ月の子供。
何に対してかは断定されていないがアレルギー性湿疹が顔・頭・お腹・背中にあり通院中。顔・頭は、アンダーム軟膏、身体は弱いステロイド薬を塗っている。身体の湿疹が消えたが、皮膚がかさついておりできれば保湿クリームを塗って再発につながるような乾燥をさけたい。何かおすすめのクリームなどあれば教えて欲しい。
 

A1 アレルギー性皮膚炎

 
一般的によく用いられる保湿剤としてはワセリンがあります。
 
このワセリンは化粧品にも入っており保湿剤として広く用いられています。炎症がとれてきた場合に尿素の入った軟膏やローションを用いると良い場合があります。
 
非ステロイド性の軟膏は種類によっては長期に続けるとかえって皮膚炎を誘発したりする場合もあり、注意が必要です。
 
乾燥肌、ドライスキンは皮膚のバリヤー障害を引き起こし、水いぼ、トビヒなどの感染を起こしやすくするだけでなく、水ぼうそうが悪化したり、さらにハウスダストの中のチリダニの成分が皮膚の中に入りこんだりする可能性もあり、その子さんに会う保湿剤を用い、適切にスキンケアーすることが重要です。