お知らせ

HOME | お知らせ | 過去のお知らせ

過去のお知らせ


 当クリニックのアレルギー治療について

2014/12/1

当クリニックではアレルギー科特有の治療として
以下のような減感作療法(皮下注射による)を行っています。お電話によるご質問もお受けします。診察時間内にご連絡ください。
 
1)アレルギー性鼻炎ではスギ花粉症、ブタクサ花粉症、ハウスダスト花粉症が対象です。
 
2)スギ花粉症には平成24年10月より舌下減感作療法が保険適応となりました。
(これは注射法ではありません)
 
3)喘息にはハウスダスト、カビなどが対象となります。
 
4)食物アレルギーに対する減感作療法はこの10年間に行われるようになりました。
食物負荷試験を行い、食べられる量を決め、その後ずつ徐々に増量し食べます。
 

減感作療法はアレルギー科特有の治療法です。アレルギーの治療の根本は、原因物質が分かったならば、それを生活環境から除去するということが黄金律(最も大事な点)です。ですからハウスダストアレルギーでは布団、ぬいぐるみ、カーペットなどの掃除の仕方がポイントとなります。
しかし、食物はいつまでも除去することは難しい場合に、特定の食べ物による、減感作療法を行います。
 



 
用賀アレルギークリニックからのお知らせです。